FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • [BL小説]過敏症 魚住くんシリーズ/榎田尤利
  • --年--月--日 (--) --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2013年09月09日 (月) 11時18分48秒
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
スポンサーサイト

[Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[BL小説]過敏症 魚住くんシリーズ/榎田尤利

[Edit]

魚住くんシリーズ 第4弾。
ここにきて、ようやく・・・

外部的刺激を受けて、背中を押された久留米の行動が
ものすごく直球で彼らしかったです。
そこが、フクザツな環境で育った魚住にはいいのかもしれないですね。

今回、マリちゃんの母親というのがでてきて、過去が少しわかりました。
もうなんていうか、マリちゃんが気の毒っていうか・・・
母親しだいで子供はかわるのだなぁと実感。

まさかココで、こんな形で登場するとは思わなかった!
というキャラが2名。
2巻目の書き下ろしで登場した男の娘(?)と
魚住をゴーカンした男の人。
男の娘はマリちゃんの話で本編には関わらないです。
サリームと出会って欲しかったかな?

本編では、初登場の安藤さんの幼馴染(ゲイ)を中心に
人々が繋がってる感じで、世間は狭い(BLにおいては特にwww)ですね。

いよいよ、次で最後。
どんな風にお話が終わるのか、楽しみです。

内容(「BOOK」データベースより)
ひととき心を通わせた少女・さちの喪失の痛みから回復しつつある魚住。ある朝彼は微妙な関係を保っていた久留米に突然キスをされ、その意味を図りかねて大混乱。しかもそれを相談した相手が魚住に一目惚れした男だったから久留米は大慌て!ついに一線を越えちゃった魚住と久留米の人気シリーズ第4弾。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2001年 クリスタル文庫 光風社出版 榎田尤利 茶屋町勝呂 ★×3

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

trackback


トラックバックの際は、上記のURLをコピー&ペーストでお願いします。

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
734位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。