FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<08  2018/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • [一般小説]怪盗探偵山猫/神永学
  • --年--月--日 (--) --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2013年06月26日 (水) 10時37分05秒
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
スポンサーサイト

[Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[一般小説]怪盗探偵山猫/神永学

[Edit]

痛快ピカレスク・アクション・ミステリー・・・らしい。
「ピカレスク」って何?って話なんだけどね(笑)


著者:神永学
イラスト:鈴木 康士
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日 : 2010-02-25
登場人物が生き生きとして、動きがいい。
それぞれのキャラも立っている。
記者の真っ直ぐな青年と
男勝りな女性刑事と
ちょっとエッチで謎多き怪盗山猫・・・
更なる大きな事件が待ち受けてるような終わり方で
シリーズ化もあるのか?と期待してしまう。
内容とあまり関係ないが
「八雲」で活躍するオヤジ刑事の後藤さんが
チラっと登場したときは、ちょっと感動した。

「山猫」のシリーズ化はあるのだろうか?
(※シリーズ化しました!2013年6月追記)

ラノベ感覚で読めました。
価格も文庫化になってるのでちょうどイイ感じです。

内容紹介
現代のねずみ小僧か、はたまた世紀の大泥棒か!? 痕跡を残さず窃盗を繰り返し、悪事を暴く謎の人物、その名は""山猫""。「心霊探偵八雲」の神永学が描く、読み始めたら止まらない、超絶サスペンス・エンタテインメン
内容(「BOOK」データベースより
闇を切り裂く黒い影、その名は、山猫―出版社社長が殺された。容疑者は“山猫”と呼ばれる謎の窃盗犯。世間をにぎわすこの怪盗の信条は“人を殺めないこと”のはずが、一体なぜ!?ライターの勝村は事件を追い始めるが…!?平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!?鮮やかに金を盗み、ついでに悪事を暴いて颯爽と消え去る山猫の活躍を描く、痛快ピカレスク・アクション・ミステリー。怪盗界に新たなヒーローが誕生。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2010年 角川書店 角川文庫 神永学 鈴木康士 ★×4

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

trackback


トラックバックの際は、上記のURLをコピー&ペーストでお願いします。

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
638位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
375位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。