FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<10  2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • [BL小説]妖樹の供物/矢城米花
  • --年--月--日 (--) --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2013年06月11日 (火) 12時20分50秒
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
スポンサーサイト

[Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[BL小説]妖樹の供物/矢城米花

[Edit]

「妖かし系の触手」
田舎の旧家に伝わる儀式・・・。萌えますwww
著者デビュー作


タイトルのとおり触手の持ち主は「樹」です。
旧家のお社にあるぶっとい樹が、
二十歳の青年に催淫作用がある粘液をまとった触手でエロエロといたぶります。
で供物のお下がりにも御利益があるとかで、
好色じじい達が青年を貪り、弄り倒します。
ただし、この青年、なかなか堕ちなくて・・・
喘いではいるのですけど、快楽におぼれ、
自ら腰をふるようなエロい子はないです。

お話の最後の締め方、結構好きです。
シリーズで続きそうな終わり方って、いいですよね。
もし次があるなら、都会・・・ネオン煌めく繁華街から話は始まる?
もしくは、過去編というのもありかも?
ただ、この物語のふたりは、これでまとまってるので、
蒸し返す必要はないと思います。

お話自体は、ちゃんと完結してます。
が、「妖樹」自体は生きながらえているので
シリーズで続いても楽しそうな作品でした。

内容(「BOOK」データベースより)

粘液に濡れた肉をこする淫らな音が
地下室に鳴り響く

配送のアルバイトでとある旧家を訪れた大学生の譲は、そこで自分を呼ぶ不思議な声を耳にする。しかしそれはその家―真葛生家代々の守り神である妖樹が譲を生贄として呼ぶ声だった。妖樹を信奉する一族の者たちによって拉致された譲は、夜ごと木に捧げられ、その触手のような蔓に犯された後、ご利益のおこぼれをあずかろうとする男たちに凌辱されることに。屋敷の中でただ一人、枝子と呼ばれご神託を告げる立場にある他来は輪姦に加わらず、哀れな譲を次第に愛おしく思うようになるが…。果てのない淫蕩の儀式の正体とは。そして忌まわしい輪廻から逃れようともがく二人の運命は―。全編書き下ろし。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2006年 二見書房 シャレード文庫 矢城米花 みなみ恵夢 ★×3

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

trackback


トラックバックの際は、上記のURLをコピー&ペーストでお願いします。

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
1329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
734位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。