FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2019/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
表示中の記事
  • [BL小説]愛とは言えない〈1〉/榎田尤利
  • 2011年09月26日 (月) 20時47分03秒
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
[BL小説]愛とは言えない〈1〉/榎田尤利

[Edit]

コミックと小説のコラボ作品だとか。
コミックまで手を出すと本の保存場所に困るので
ほとんど手を出さない人なので、たぶん、コミックは買わないです。
小説に出てきたカップルの話がコミックになっているそうですが・・・

愛とは言えない〈1〉 (ビーボーイノベルズ)愛とは言えない〈1〉 (ビーボーイノベルズ)
(2010/12)
榎田尤利/著
町屋はとこ/イラスト

商品詳細を見る

再会モノ。青年実業家×学者。
忘れられない男(学者=サガン)との再会で、恋心が蘇り、口説きまくるヤリ手の青年実業家(橘高)。
だが、なかなか堕ちない。でも、諦めきれない。
そして、ある事件をキッカケに近づく二人なんですが、
まだまだ何か波乱がありそう気配を残して、二巻に続きます。
サガンの過去が痛々しいです。
俺様っぽい橘高なのに、サガンにメロメロなところがいいですね。
そして、なんといっても、サガンの元妻の・・・・が!
セツナクてやり切れない中で、二人の距離がちょっと近づいた感はあったんですけど・・・
2巻で、どう展開して、どう終わるのか。ちょっと、ワクワクしてます。

津森はどう絡んでくるんだろうか?それとも、絡まない?
コミックには手を出す気がないので、こういう形式のコラボはちょっと嫌かも。
とりあえず、公式に相関図とかがあるので何とか補えるのが救いでした。

内容(「BOOK」データベースより)
―昔、あの耳をよく噛んだ。イヴの夜、実業家の橘高が10数年振りに再会したのは、唯一手に入らなかった男・サガン。2人は一夜を共にするが、朝にはサガンが姿を消す。その後、橘高は復縁を迫るが、つれない態度を取られる日々。しかし身体だけなら…と言われ、橘高はサガンを再び抱きしめるが…。愛したい男と愛さない男―大人なぶんだけむずかしい恋愛。人はそれでも、どうしようもなく…恋に落ちる、珠玉のコラボ作。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 榎田尤利 町屋はとこ BBNビーボーイノベルズ リブレ出版 2010年

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

trackback


トラックバックの際は、上記のURLをコピー&ペーストでお願いします。

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
311位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)