FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2019/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
表示中の記事
  • [一般小説]魔女は甦る/中山七里
  • 2011年10月01日 (土) 23時54分54秒
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
[一般小説]魔女は甦る/中山七里

[Edit]

帯コピーで煽られて読んでみました。
(満足度が得られる成功率5割ですけど・・・)

「僕は魔女の末裔です」
若き製薬会社員は、謎めいた言葉を遺しバラバラ死体になった。
「このミス」大賞作家が贈る、恐怖と驚愕に満ちたラストへ突き進む傑作ミステリー


魔女は甦る魔女は甦る
(2011/05)
中山 七里/著
スカイエマ/表紙

商品詳細を見る

この帯コピーは正解でした。
購買欲を煽るだけの誇大宣伝コピーで失敗してるので、
疑心暗鬼になっていたけど、満足いく作品に出会うと
また信じてもいいかも・・・ってなっちゃいます。

惨殺体の発見から物語が始まります。
捜査する刑事の内面の葛藤や過去のトラウマを織り交ぜながら、
事件の真相に迫っていく。
人物の過去や性格を明らかにする事で、
徐々に事件の様相が変化し、最終的に全く違った物が浮き出てくる。
やがて、その全貌が姿を見せる。

最後の最後まで楽しめる作品に久しぶりに出会ったような気がします。
この読み終わった感じは「夏の災厄/篠田節子」を
読み終えた感じに似ていました。
何がどう似ているのかを書くと内容に触れてしまうので、
あえて書きません。それは、読んでからのお楽しみなので・・・

内容(「BOOK」データベースより)
埼玉県の長閑な田園地帯で、肉片と骨の屑のようなバラバラ死体が発見された。被害者は現場近くにある製薬会社・スタンバーグ製薬に勤めていた桐生隆。仕事ぶりも勤勉で質素な暮らしを送っていた青年は、なぜ殺されなければならなかったのか?埼玉県警捜査一課・槙畑啓介は捜査を続ける過程で、桐生が開発研究に携わっていた“ヒート”と呼ばれる薬物の存在を知る。それは数ヶ月前、少年達が次々に凶悪事件を起こす原因となった麻薬だった。事件の真相に迫るほど、押し隠してきた槙畑の心の傷がえぐり出されていく。過去の忌まわしい記憶を克服し、槙畑は桐生を葬った犯人に辿り着けるのか。


そして、この作品がよかった方で、
まだ篠田節子(夏の災厄)を未読ならば、
オススメしたいです。是非とも読んでください。
夏の災厄 (文春文庫)
夏の災厄
篠田節子
出版社/著者からの内容紹介
撲滅されたはずの日本脳炎に似た奇病が、郊外の街を襲った。後手にまわる行政の対応に住民はパニックを起こし、魔の季節を迎える。
内容(「BOOK」データベースより)
東京郊外のニュータウンに突如発生した奇病は、日本脳炎と診断された。撲滅されたはずの伝染病が今頃なぜ?感染防止と原因究明に奔走する市の保健センター職 員たちを悩ます硬直した行政システム、露呈する現代生活の脆さ。その間も、ウイルスは町を蝕み続ける。世紀末の危機管理を問うパニック小説の傑作。


以下、腐的な事・・・
登場人物が、けしからんくらい腐的でしかたない。
  • 槇畑啓介(30代後半):埼玉県警捜査一課 強行犯係
  • 宮條貢平(40代前半):警視庁生活保全局 課長補佐 警視長
    [身長は槇畑と同程度。痩身。面長の小さい顔。細い眉。小さめの縁なし眼鏡。神経質な印象]
  • 渡瀬(槇畑の上司:40代後半):埼玉県警捜査一課 強行犯係 班長
  • 古手川和也(槇畑の後輩:25歳):埼玉県警捜査一課 巡査
  • 七尾究一郎 関東信越厚生局麻薬取締部(宮條の協力者)

宮條の過去が重くて暗くて、どうしようもない。
なぜ、エリート街道を進まず現場に赴くのか・・・。

槇畑の精神的弱さが、たまにウザイ。
真面目で自分に厳しすぎる。

古手川の思考力のない薄っぺらさに、イライラする。

渡瀬のお父さん的役割にホッさせらる。

東原の冷静さの裏にある熱い物をもっと見たかった。

ともかく、腐的目線の妄想で読むと、とっても楽しい作品でしたwww



表紙を手がけられた「スカイエマ」さん。
独特の雰囲気を持つ絵柄で、とてもいいです。
公式サイトでは毎月、カレンダー(壁紙)を配布されてますので
一度、ご覧下さいね。
公式サイト→lotus eater/Twitter→@sky_emma
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : 幻冬舎 2011年 中山七里 スカイエマ

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

trackback


トラックバックの際は、上記のURLをコピー&ペーストでお願いします。

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
366位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)