FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2019/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
表示中の記事
  • 【小説】重力ピエロ/伊坂幸太郎
  • 2010年03月04日 (木) 23時11分59秒
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
【小説】重力ピエロ/伊坂幸太郎

[Edit]

伊坂幸太郎 初読みです。
初めて読むなら「オーデュポンの祈り」からというのを後で知りました。
作品の登場人物がリンクしている事が多いらしく
できるなら、デビュー作から順を追って読むのがベストだとか…
重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ
(新潮文庫)

(2006/06)
伊坂幸太郎/著

商品詳細を見る
遺伝子の事とか、ゲイジュツの事とか…色々な事がわかり易く書かれています。
読み終わったとき、ちょっと賢くなったような気がしました。
それもそのはず、著者が作品を書くうえで参考した書籍の数がハンパなく多いです。
今まで読んだ小説で一番多かったのではないでしょうか?
村上春樹と似てるとよくいわれるらしいですけど、
正直、伊坂幸太郎の方が読みやすく、リアルに感じました。
知性とウィットに富んだ兄弟(父子)の会話が素敵です。
ストーリーの根っこは暗いテーマですが軽快な印象をうけます。
軽いというのではなく…どういっていいのかなぁ。
軽さと優しさのズッと奥に重さが隠れてるている感じっていうのかな?
難しいですねぇ。
主人公の弟(ガンジー大好き青年)の言葉を借りるなら
「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ」
ともかく、読後感は非常に良かったです。

たくさんの名言が詰まってます。
たくさんの勇気をもらえます。

当然のことながら、腐の類の本ではないです。
が、萌えます!!!(←何かコレ多くない?)
腐の邪な妄想が渦巻く脳の見せる幻かもしれないですが
ともかく主人公と弟に萌えました!

以下、あらすじ&作品一覧&映画化一覧

あらすじ
半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。町のあちこちに描かれた落書き消しを専門に請け負っている春は、現場近くに、スプレーによるグラフィティーアートが残されていることに気づく。連続放火事件と謎の落書き、レイプという憎むべき犯罪を肯定しなければ、自分が存在しない、という矛盾を抱えた春の危うさは、やがて交錯し…。

※文庫版は、単行本に加筆されていますので
読むなら、文庫をオススメします。

作品一覧
  1. オーデュボンの祈り
    2000年12月20日、新潮ミステリー倶楽部、
    2003年12月1日、新潮文庫、
  2. ラッシュライフ
    2002年7月30日、新潮ミステリー倶楽部、
  3. 陽気なギャングが地球を回す
    2003年1月、祥伝社ノン・ノベル、
    2006年2月20日、祥伝社文庫、
  4. 重力ピエロ読了
    2003年4月20日、新潮社、
    2006年7月1日、新潮文庫、
  5. アヒルと鴨のコインロッカー
    2003年11月25日、東京創元社ミステリ・フロンティア、
    2006年12月22日、創元推理文庫、I
  6. チルドレン
    2004年5月20日、講談社、
    2007年5月15日、講談社文庫、
  7. グラスホッパー
    2004年7月30日、角川書店、
    2007年6月25日、角川文庫、
  8. 死神の精度
    2005年6月30日、文藝春秋、
    2008年2月8日、文春文庫、
  9. 魔王
    2005年10月20日、講談社、
  10. 砂漠
  11. 2005年12月15日、実業之日本社、ISBN 9784408534848
    2008年8月10日、実業之日本社 Jノベル・コレクション、
  12. 終末のフール
    2006年3月、集英社、ISBN 9784087748031
    2009年6月、集英社文庫、ISBN 9784087464436
  13. 陽気なギャングの日常と襲撃
    2006年5月20日、祥伝社ノン・ノベル、
  14. フィッシュストーリー
    2007年1月30日、新潮社、
  15. ゴールデンスランバー
    2007年11月30日、新潮社、
  16. モダンタイムス
    通常版―2008年10月16日、講談社、
    特別版―2008年10月16日、講談社、
  17. あるキング
    2009年8月25日、徳間書店、
  18. SOSの猿
    2009年11月25日、中央公論新社


映画化一覧
陽気なギャングが地球を回す(2006年5月13日公開。監督:前田哲、主演:大沢たかお)
アヒルと鴨のコインロッカー(2007年6月23日公開。監督:中村義洋、主演:濱田岳)
死神の精度(2008年3月22日公開。監督:筧昌也、主演:金城武)
フィッシュストーリー(2009年3月20日公開。監督:中村義洋、主演:伊藤淳史)
重力ピエロ(2009年5月23日公開。監督:森淳一、主演:加瀬亮/岡田将生/小日向文世/鈴木京香)
ラッシュライフ(2009年6月13日公開。東京藝術大学 大学院 映像研究科製作、主演:堺雅人)
ゴールデンスランバー(2010年1月30日公開。監督:中村義洋、主演:堺雅人)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2006年 伊坂幸太郎 ★×4

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

trackback


トラックバックの際は、上記のURLをコピー&ペーストでお願いします。

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
366位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)