FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2019/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
表示中の記事
  • [BL小説]絵になる大人になれなくても/崎谷はるひ
  • 2009年02月02日 (月) 10時56分10秒
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
[BL小説]絵になる大人になれなくても/崎谷はるひ

[Edit]

久しぶりの崎谷はるひ本です。
中の挿絵+チラ読みで勝手に
高校生×高校生だと思ってました。
読み始めてフリーター×リーマンだと気づきました。
絵になる大人になれなくても (幻冬舎ルチル文庫)絵になる大人になれなくても
(幻冬舎ルチル文庫)
(2006/07/15)
崎谷 はるひ/著
ヤマダサクラコ/イラスト

商品詳細を見る
フリーター×リーマン 25歳 高校時代の同級生(バレー部)
再会モノですね。
これの前に読んだ本(『進行性恋愛依存症』)も再会モノ…続いてます。
「絵になる…」の方がライトで、幼い感じで
「進行性…」の方が少しヘビーで大人の雰囲気です。
本番に関してのエロ度は「絵になる…」の方が↑です。
そこは、崎谷クオリティ、ご安心下さい!(え?何を)
ただ、崎谷さんのエロにしては控えめな気がしましたけど…
書き下ろしはエロでしたwww

受けが捨てられたと思ってるあたり、二つの作品は似てます。
が、精神的に受けがキツイのは『進行性…』ですね。
『絵になる…』の受けは大事にされてると思います。
攻めの表現の仕方が曖昧で、悶々させられる受けですが
基本的に(最初から)愛されてますしね。

以下、あらすじとMEMO的な物…

■あらすじ■
電子機器メーカーの営業・坂上真弓は、新しく入ったバイト井原峻之に驚く。坂上と井原は、高校時代、親友だった。しかし卒業と同時に井原は坂上の前から姿を消したのだ。そのことに傷つき、いまだ引きずっている坂上は八年ぶりの再会に戸惑う。「あのころから俺のこと、好きだっただろ?だから離れたのに」と言う井原に坂上は…。

リンク?スピンオフ?
『絵になる…』で事故にあった湯田直海のお話
大人は愛を語れない (幻冬舎ルチル文庫)大人は愛を語れない
(幻冬舎ルチル文庫)
(2008/06/16)
崎谷 はるひ/著
ヤマダサクラコ/イラスト

商品詳細を見る

居酒屋「韋駄天」を軸としたストーリー。
湯田直海の親友:水江 律と居酒屋「韋駄天」店員のお話。
その指さえも (プラチナ文庫)その指さえも
(プラチナ文庫)
(2003/03)
崎谷 はるひ/著
櫻井しゅしゅしゅ/イラスト

商品詳細を見る


※Mさん、ありがとね!あと一冊で終わりです♪
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 崎谷はるひ ヤマダサクラコ 2006年 ルチル文庫 幻冬舎コミックス

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

trackback


トラックバックの際は、上記のURLをコピー&ペーストでお願いします。

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
366位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)