FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2019/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
表示中の記事
  • 題名のない物語り/S・稔也
  • 2008年10月29日 (水) 21時08分49秒
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
題名のない物語り/S・稔也

[Edit]

題名のない物語り (リーフノベルズ)題名のない物語り
(リーフノベルズ)


(1996/06)
S・稔也:著
相模郁:イラスト

商品詳細を見る

チラ読みしました。
ちょっと、ショタっぽいけど、違うみたいな気もします。
ファンタジーが入ってるような雰囲気も、あるような、ないような。
「烏丸漢方…」よりは、大丈夫な気がします。

読了しました。
「烏丸」より、大丈夫でした。でも、ショタでした。www
ファンタジーは入ってませんでした。
小学生にパン屋のお兄さんが
お父さんが描いた絵を題材にしたお話しをてくれます。
そのお話が、お伽噺調なのにBLでした。
(傲慢我侭王様×パン焼き少年)
その部分だけをチラ読みした沙粧は
ファンタジーだと思っちゃったんですね。

内容についてですが、
お伽噺を交えながら進んでいきます。
ついでに、お兄さんが小学生にイタズラします。
口で皮を剥いたり…お尻に指突っ込んだり…
色々なことがあっても、小学生はお兄さんが大好きです。
・・・で、結局…
と、言うような感じでした。

最初、読み終えたとき「ん?」ってなって、
ちょっとページを戻って読み返し、
「はぁ、なるほどなぁ」ってなりました。
少し説明不足な気がします。
演出とかもう少し、手を加えると
もっといい感じに上がったかもしれないですね。

この作品を読んだ感想は
子供って…歪むとコワイでした。

では、あらすじを・・・
【あらすじ】-------------------------------------------
(「BOOK」データベースより)
夏休み、病院で検査をした帰り道、突然頭から水を浴びせられて、
小六の僕とお兄さんは出会った。
濡れた髪を拭いてもらう時、お兄さんの体から甘くていい匂いがして、
僕の心臓はパンク寸前。
お兄さんの部屋にはたくさんの絵があって、
その中で好きになったのは、
山肌にお城が浮き出している光景を描いたものだった。
お兄さん、僕は、不思議な物語りをお話ししてくれるあなたに恋してます…永遠に。
------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 1996年 リーフ出版 リーフノベルズ S・稔也 相模 郁人 ★×3

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

trackback


トラックバックの際は、上記のURLをコピー&ペーストでお願いします。

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
366位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)