FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<04  2013/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
表示中の記事
  • 2013年05月
2013年05月01日 (水) ----- 表示を変更
2013年05月14日 (火) ----- つい、出来心で・・・
2013年05月29日 (水) ----- [BL小説]春の泥/水原とほる
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
表示を変更

[Edit]

新刊リストしか更新していない日々が続いております。
レビュー書くヒマがないのです。
小説を読むヒマも少なくて・・・(;´Д`)
そのぶん、BLCDはガンガンに聴いてます。
声優さんの声を聞き分ける事が
できるようになりつつあるくらいに、聴きこんでます。

軽いレビュー(覚書程度)は、ポメラにちょこちょこっと
書き込んではいるものの、ブログに上げるほどでもないので
溜まってきてます。
そのまま、載せてもいいかな?とか思いましたが、
あまりにも文章崩壊がヒドイので、やめました(;^ω^)

ブログを読んでくれてる人いるのかなぁ?
覚書程度なら、ブログに書き込む必要ないよねぇ?

どーしよっか?ブログ。
スポンサーサイト
つい、出来心で・・・

[Edit]

ずっと買うのを我慢してたんです。
そりゃ、たまに一冊とか買いましたよ。
せっかく溜めたポントが消えるの寂しいじゃないですか。
それで、買ったんですよ。かわいいものでしょ?

はぁ、たしかに積読が増えてます。
自分でも、どうにかしなきゃって思うんですけどね・・・
えぇ、反省はしてますよ。
いつも、反省はしっかりするんですよ。
なのに次に生かせないっていうか・・・ね?
わかるでしょ?

はい、今回の件は、ほんとうに反省してます。
今後・・・今後・・・えっと・・・

続きを読む

テーマ : 購入/売却書籍
ジャンル : 本・雑誌

tag : 古書購入

[BL小説]春の泥/水原とほる

[Edit]

兄弟モノ同父母という設定。
こいう設定、あまり見かけないですよね?

兄弟モノでも同父母という設定。
自分の気持ちをぶつけすぎる弟に流されやすい優しい(弟に甘い)兄。
異常な執着を見せる攻めというのは好きなのだけど、
この攻めは苦手だった。
個人的には、磐国さんに一度だけでもイイおもいをしてほしかった・・・かな?

内容(「BOOK」データベースより)
医大志望で将来を嘱望される弟と、受験に失敗して以来くすぶり続ける自分。両親不在の春休み、大学生の和貴は、窮屈な家を出て自立する計画を立てていた。けれどその夜、二歳下の弟・朋貴に監禁され犯されてしまう!この飢えた獣の目をした男が弟…!?「ずっと兄貴だけが欲しかった」優等生の仮面を剥いだ弟の、狂気の愛に絡め取られるとき―住み慣れた家が妄執の檻に変わる。


テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2009年 徳間書店 キャラ文庫 水原とほる 宮本佳野 ★×3 ★×2

[一般コミック]蜂の巣/峰倉かずや

[Edit]

近未来の東京を舞台。
枯れたオッサンとオヤジのコンビがカッコイイ。
峰倉さんの描く世界は独特ですよね?

雑誌掲載されたときから、コミックになるのを待ち続けてた。
峰倉さんのオヤジってどうして、こんなに魅力的なんだろう?
ガサツで無神経でアクが強くて、人生を斜に構えて生きてるのに、
信念(軸)がブレない。
ここぞという時に、ヤってくれる。
ストーリーも底に暗いものを抱えながらも、微かな希望を感じさせてくれる。
峰倉さんの作り出す世界は一種独特なものがあり、
乙女思考の人には受け入れにくいかもしれない。
が、ワタシは最高に好きです。

峰倉さんのオヤジって「中原一也」さんのオヤジに
通ずるものがある気がするんですが
どうでしょう?

内容紹介
未曾有の大災害により遷都が行われた東京。転売目的の 「臓器荒らし」が横行する中、法の改正により、遺体を 火葬場まで迅速に搬送するシステムが保健所の公務とな った。担当は保健所葬迎課――通称「葬迎屋」である。 WARDで好評を博した作品がついにコミックスに! Arcan aに掲載された個性豊かな短編も同時収録!


私が買ったのは通常版で、限定版のドラマCDを聴きたいと
あとになって後悔し、嘆いていたら、心優しい腐友が聴かせてくれました。

以下、『付録:ドラマCD(峰倉かずや先生書き下ろしシナリオ)』について

続きを読む

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2011年 ZERO-SUM 一迅社 峰倉かずや ★×5

[BL小説]落園の鎖~狂犬と野獣~/沙野風結子

[Edit]

「狂犬と野獣」シリーズ 第二弾

攻め×攻め というか・・・
漢×男前 というか・・・
甘さのカケラもない、ハードボイルドBLという感じ。

ともかく萌えます

内容(「BOOK」データベースより)
警視庁公安部の美しい狂犬・靫真通と、指定暴力団の野獣・峯上周。峯上は、靫の身体をエサに情報を運ぶ、靫の「協力者」だ。靫は曲者の峯上を飼いならそうとするが、峯上は逆に靫を屈服させようとする。精神の深部まで喰らうような野獣の凌辱。靫にとっては、耐えられない脅威だ。しかし、テロ事件の解決とともに「協力者」との関係は終わった―はずだった。峯上と再会するまでは。「あなたは俺を必要としている」。新たな事件の下、再びふたりは接触を持つ。野獣の破壊的快楽に、狂犬は服従させられるのか!?―。

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2011年 竹書房 ラヴァーズ文庫 沙野風結子 小田原あみ ★×5

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
311位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)