FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2006/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
表示中の記事
  • 2006年08月
2006年08月04日 (金) ----- 気高き僕は跪く/暁 由宇
2006年08月04日 (金) ----- 不器用な欲望/牧山とも
2006年08月04日 (金) ----- 最悪 // ひちわゆか
2006年08月04日 (金) ----- 君のために泣こう/英田サキ
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
【BL小説】ハンサムは嫌い。/榎田尤利

[Edit]

読後感は良かったです。
女たらしのオーナー×カリスマ美容師
ハンサムは嫌い。 (ゲンキノベルズ)ハンサムは嫌い。
(ゲンキノベルズ)

(2002/05)
榎田尤利/著
杜山まこ/画

商品詳細を見る
ショボイ男の世話を焼きたくなる美形でゲイの美容師と
ハンサムだけどいいかげんなオーナーの意地の張り合いや
周りのキャラとの絡みも面白かったです。
「カリスマ美容師」という設定が時代を感じさせるが
発売当初なら問題なかったはずですが…
今では、ちょっと古いかな?

ドラッグクイーンのリーマンがツボでした。
(うぅぅ・・・やっぱり、脇役好きです♪)

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 2002年 ムービック ゲンキノベルズ 榎田尤利 杜山まこ

【BL小説】ひとりごとの恋 /榎田 尤利

[Edit]

ひとりごとの恋 (SHYノベルス)ひとりごとの恋 (SHYノベルス)
(2002/09)
榎田 尤利

商品詳細を見る

同僚の弟×リーマン
仕事がデキル男:菱田の独り言がなかなか笑える。
口数が少ない分、心の呟きがなんとも言えない。
切なくなったり、ほのぼのしたり…
やっぱり榎田さんの作品は読後感が良い。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2002年 大洋図書 SHYノベルス 榎田尤利 鳥人ヒロミ

気高き僕は跪く/暁 由宇

[Edit]

気高き僕は跪く (アイノベルズ)気高き僕は跪く
(
アイノベルズ)
(2005/05/20)
暁 由宇

商品詳細を見る
秘書×美術館館長(年下攻+プチ調教)
えっと、感想を…えっと…え~っと…
忘れちゃった(はぁと)

あらすじを読んでも、薄っすらというか、微かとうか…
「あぁぁ、何となくそんな感じだったかな?」程度で
ほとんど思い出せません。

桧垣圭一はかつて密かに憧れていた高校の先輩・高倉美弦と10年ぶりに再会する。美術館館長となった今も静謐な美を湛えた美弦に請われ、圭一は彼の秘書になるが……。惹かれる気持ちとは裏腹に、心の内を見せようとしない美弦に対し圭一は苛立ちを覚える。そして、美弦の傲慢さでプライドを傷つけられた圭一の苛立ちが頂点に達したとき、ふたりの関係は逆転、妖しく官能的なものへと──!? 

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 暁由宇 アイノベルズ 左崎なおみ

不器用な欲望/牧山とも

[Edit]

不器用な欲望 (プリズム文庫)不器用な欲望 (プリズム文庫)
(2005/11/22)
牧山 とも

商品詳細を見る
牧山もと初読みです。
部長×秘書
秘書がいらないくらい仕事の出来る上司。
それに負けじとがんばる秘書(室長だっけかな?)。
エロもそこそこで楽しかった…気がする。

JUGEMから移行した記事のはずなのに
旧ブログにデーターが残ってない…ナンデ?

では、あらすじを・・・

続きを読む

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : 本・雑誌

最悪 // ひちわゆか

[Edit]

最悪

最悪

ひちわ ゆか

君のために泣こう/英田サキ

[Edit]

英田サキ作品、初体験・・・だったと思う。
君のために泣こう (SHYノベルス)君のために泣こう
(
SHYノベルス)
(2004/07/26)
英田 サキ/著
北畠 あけ乃/イラスト

商品詳細を見る

すっかり、内容が…記憶のかなたへ…www
禁忌モノで、ちょっとゴーカーン的な事があったような
…なかったような(え?どっち?)
野生的な弟×物静かな兄
禁忌モノといっても、血縁ではなかったと思う。

【あらすじ】------------------------------------
(「BOOK」データベースより)
「本気で嫌なら抵抗してみろよ」父親がなくなり、
ひとりぼっちになってしまった静一の元に、
ずっと離れて暮らしていた弟の亮介が帰ってきた。
すっかり大人の男に成長している亮介は
まるで知らない人間のようで、静一は落ち着かない。
そんなある日、酔った静一は
男とホテルに入るところを亮介に見咎められ、
越えてはいけない一線を越えてしまう。
こんなの許されない、例え血が繋がっていなくても…
煩悶する静一に情熱を隠さない亮介だったのだが…。
--------------------------------------------

う~ん、何となくしか思い出せない。
静一は男とホテルに入るところを亮介に見咎められ
コレが、原因でゴーカーンみたいになったのかな?
…やっぱり、細かい所が思い出せない。
印象に残ってない=まぁまぁ
と、いう事でしょう・・・たぶん

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 英田サキ SHYノベルス 北畠あけ乃

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
366位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)