FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2019/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
表示中の記事
  • BL .小説 .[あ] 英田サキ
2013年07月05日 (金) ----- [BL小説]花片雪/英田サキ
2011年04月06日 (水) ----- [BL小説]心乱される/英田サキ
2008年12月21日 (日) ----- 夜に咲き誇る/英田サキ
2008年12月15日 (月) ----- SIMPLEX DEADLOCK外伝/英田サキ
2008年12月14日 (日) ----- デコイ(囮鳥・迷鳥)/英田サキ
2008年10月16日 (木) ----- エス・シリーズ/英田サキ
2008年09月13日 (土) ----- DEADLOCKシリーズ / 英田サキ
2008年08月22日 (金) ----- 夜に赦される/英田サキ
2006年08月04日 (金) ----- 君のために泣こう/英田サキ
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
[BL小説]花片雪/英田サキ

[Edit]

この小説の前の話は、コミック「愛想尽かし」
(出会いから恋人になるまでの経過が描かれている。)
小説の方でも、そのあたりの出来事にふれているので、
コミックを読まなくても充分だと思う。

著者:英田サキ
イラスト:山田ユギ
発売日 : 2010-11-30
基本、恋人関係になってるので甘い空気が漂ってる。
「エスシリーズ」のようなハードさを求めてると失敗するかもしれない。
個人的に好きだったキャラは、羽隅(攻めの893時代の兄貴分)。
うっとうしいと言いながら、世話をやく不器用な漢ってところが、ツボ♪
リンク作品として「たかが愛だろう」(コミック)がある。


内容紹介
~~やっぱり自分は幸せになれない、
いいことはいつだって長続きしない、そう思ってた~~

男好きの気まぐれな母親の下寂しく育った春日柊也は、
大人になる頃には誰も信じることができず、人を傷つけてばかりの毎日を送っていた。
そして罪を償ってきたとき、元ヤクザの椹木恭介と知り合い、ふたりはいつしか恋人として一緒に暮らすようになっていた。
けれど、本物の愛情がどんなものかしらない柊也は、椹木の愛情や信頼を信じたくても信じきれずにいた。
そんなとき、柊也はある事件に巻き込まれてしまい・・・!?

コミックス「愛想尽かし」同時発売!!

スポンサーサイト



テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2010年 大洋図書 SHYノベルス 英田サキ 山田ユギ ★×1

[BL小説]この愛で縛りたい/英田サキ

[Edit]

リーマン×リーマン、大学の同級生。

受けの攻めに対する密やかな一途な思いが
海外転勤という辞令を受けたとき、変化し受けを凶行に走らせる。
受けが乙女すぎてウジウジしてて、イライラした。
シャッキとしてないリーマンってのは、攻め受け関係なく、
個人的には魅力を感じない。
乙女でも許せるのは、二十歳まで?

作者の後書きに、初稿とは受けのキャラがまったく違うとあり
「いわゆるビッチ受け」クールで偽悪的なキャラで、
担当サンから「読者から共感を得られない」という指摘で変更に。

作者自身も乙女な受けにイライラしたとかwww

担当の指摘がイライラの原因だったとあとがきでわかった。
初稿のクールで偽悪的なビッチ受けで読みたかった。

内容(「BOOK」データベースより)
「永瀬、達ってよ…俺で達って…」会社員の阿木は、ずっと想っていた大学からの親友・永瀬を監禁する。それは永瀬への想いと決別するため…。永瀬のモノを身の内に挿れ腰を揺らめかしながら、暗い歓びに打ち震える阿木。どうか、このひとときだけでも偽りの情交に溺れて、俺だけを感じてくれ…そう乞い願い、阿木は夢中で奉仕する。その阿木のきつい締めつけに、思わぬ絶頂感と阿木の恋心を感じる永瀬だったが!?大量書き下ろしあり、一途な激情愛。


以下、愚痴・・・

続きを読む

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2009年 リブレ出版 BBN-SLASH 英田サキ 有馬かつみ ★×1

[BL小説]HARD TIME~DEADLOCK外伝~/英田サキ

[Edit]

ロス市警殺人課の刑事×ミステリー作家
デッドロックの番外編。
挿絵はない。(表紙と扉のみ)

本編ともう一つの番外編の登場人物の
その後の様子が垣間見れて、嬉しかった。
内容的には、濡れ場はあるが、さほど濃いものではなく、
サラっとしている。
今のBLでは珍しいかもしれない。
ただ、価格がどうにも・・・他の形態はなかったのだろうか?
文庫でまとまらないなら、新書で出して欲しかったかも・・・

お話自体も単体で楽しめるので、
関係者のそれぞれの過去(出会いや事件)の詳細が
気にならなければ、全く問題ないと思う。
だが、できたら、シリーズで読んで欲しい

内容(「BOOK」データベースより)
酒に酔って一夜を共にした相手が、殺人事件の第一容疑者!?しかも自分にその記憶が全くない―!?皮肉な運命に呆然とするロス市警殺人課の刑事・ダグ。容疑者のルイスは、気鋭のミステリ作家!彼の無実を信じたいダグは、先輩刑事のパコと共に真相を追ううちに、次第にルイスへの興味を煽られて…!?男相手の初めての恋に悩むダグが相談するのは、同僚刑事のユウト。なりゆきでルイスを警護することになった、腕利きのボディガード・ディック―。

関連作は・・・

続きを読む

テーマ : 腐女子的読書感想
ジャンル : 本・雑誌

tag : シリーズ物 2012年 徳間書店 英田サキ 高階佑 ★×4

[BL小説]ダーティ・ダンス/英田サキ

[Edit]

893モノが、好きです。
893が右でも左でも、どんなシュチュエーションでも、おいしくいただけます。

ダーティ・ダンス (ビーボーイノベルズ)ダーティ・ダンス (ビーボーイノベルズ)
(2011/03/18)
英田サキ/著
北上れん/イラスト

商品詳細を見る


組長×組長とカップリングの設定が珍しいですね。
しかし、漢×漢とは言い切れないのが、少々惜しいです。
組長=攻というイメージなので、
男の精神的な弱さはあっても女々しさはいらないかな?
個人的希望で言えば、
甘さ<激しさ
求め合う事≠無傷な方が萌えます。

内容(「BOOK」データベースより)
深弦には忘れられない男がいる。十年前に深弦を犯し、組を裏切り逃げた男の名は鼎。組長になった深弦の前に再び現れ、敵対し組を脅かす存在に…。「かつて自分を犯した男に、今度は快楽で支配される気分はどうですか?」卑怯な取引で組み伏せられた深弦に、偉そうに敬語で命令しつつもなぜか丁重に身体を扱う鼎。もう優しく穏やかだったあの頃の二人には戻れない。鼎への執着は恋でも愛でもなく、憎しみ―そう信じてきた深弦だったが…。

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 英田サキ 北上れん BBN リブレ出版 2011年 ★×3

[BL小説]心乱される/英田サキ

[Edit]

久方ぶりに、レビューもどきを書きます。
(先日買ったポメラで書きました。)
心乱される (講談社X文庫―ホワイトハート)心乱される
(講談社X文庫―ホワイトハート)

(2010/11/02)
英田サキ/著
高橋悠/絵

商品詳細を見る

BL版源氏物語+3Pモドキ。
まさかホワイトハートで3Pが読めるとは思ってなかったので、ちょっとビックリ。
脇役の攻めキャラ(大宮)の個性がキツくていい感じなのですが
メインの攻めのキャラ(年下の王道パターン)が普通すぎて
・・・(キャラが)食われぎみかも。

短編「幸せの行方」は、本編のその後日談。
ラブラブな週末を迎えようとしている家に土産を届けにくる幸彦(攻めのバイトの先輩)、
婚約者にフラれてやけ酒を呑んで酔っぱらった大宮(脇役の攻め)が訪ねて来て・・・
本編がまじめモードだったのに対して、コミカルな短編でした。
大宮と幸彦に何かあって欲しいなぁ・・・
いや、むしろ何かあって当然のシュチュエーションです。
大宮は独自のドライな恋愛感を持っていて一筋縄でいかないタイプ。
こいう男が恋愛に本気になって右往左往する様は
非常に見てみたいですね。
できたら、相手は坂下幸彦で(笑
スピンオフ作品で読めたらいいなぁ~~~

■あらすじ■
「放さない。一聡さんは俺のものだ」サラリーマンの橋野一聡は、三十四歳にして十八歳になる息子・俊がいる。といっても、本当の息子ではなく、一聡がかつて誰よりも愛した男の子供だった。彼が亡くなったとき、一聡は俊を家族として育てることを決意したのだ。けれど、成長するにつれて父親そっくりになっていく俊に戸惑いを感じないわけではない。そんなある日、男にキスされている俊を見て!?―。



以下、諸々・・・

続きを読む

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2010年 英田サキ 高橋悠 講談社 X文庫ホワイトハート ★×3 ★×2

夜に咲き誇る/英田サキ

[Edit]

夜シリーズ 第3弾 最終巻です。
今までのストーリーを思い出そう。
…えっと…え~っと
……………だ、駄目だ。
いおかいつき:真昼の月がチラついて…上手く思い出せないッス。
手元に前作、前々作がないので、非常にツライ状態だよ、これは…(汗)
夜に咲き誇る (プラチナ文庫)夜に咲き誇る
(プラチナ文庫)

(2007/04)
英田サキ/著
山田ユギ/イラスト

商品詳細を見る
落ち着くところに落ち着いたって感じです。
1.2は好きなんですが…
3の表紙を見た瞬間、正直ちょっと引きました。
だって、秋津の左薬指のワッカが・・・
BLに結婚要素があると、どうも萎えるんです。
ベールとか被った日には、ドン引き…逃げ出したくなります。
英田作品は、性別受けでないので、許容範囲でしたケドね。
甘かったです。甘々です。
事件らしい事件も起こらず、葛藤もソコソコで
ちょっと拍子抜けでした。

久我の893の漢として、グッと成長し
秋津の極妻ぶりが拝めるストーリーです。

それから、シリーズはちゃんと1から読まないとダメです。
2を飛ばしたら、キャラが違ってるのでビックリすること間違いなし。

以下、あらすじ・・・

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 英田サキ プラチナ文庫 山田ユギ 2007年度

SIMPLEX DEADLOCK外伝/英田サキ

[Edit]

DEADLOCKシリーズの番外編…リンク?スピンオフ?
本編で登場した犯罪心理学者ロブのお話です。
心理学者×ボディガード アメリカ(L.A.)
本編:SIMPLEX
書き下ろし:DUPLEX
SIMPLEX DEADLOCK外伝 (キャラ文庫)SIMPLEX DEADLOCK外伝
(キャラ文庫)
(2008/11/22)
英田サキ/著
高階佑/イラスト

商品詳細を見る
ふと、パトリシア コーンウェルの「検視官」シリーズ
思い出してしまいました。
あと、「羊たちの沈黙」も…
シリアルキラーといえば、パブロフの犬のように
条件反射でこの二つを思い出しちゃうんですよね。
好物なんです、シリアルキラー系小説が。

大人で優しいロブ。
紳士で正直で前向きでやっぱり、素敵です。
SIMPLEXでは、ヨシュアとの関係が気になる終り方でしたが
続編(書き下ろし)DUPLEXで、今後の幸せを祈ってしまいました。
(雑誌掲載時のモヤモヤは、書き下ろしでスッキリです♪)
感情表現が下手なヨシュアを
見守りながら、大きな愛情で包み込むロブ
ふたりには幸せになって欲しいです。
本編のディックとユウトより(笑)
DEADLOCK番外編(同人)で
ネトとの大人の一夜を知ってるので
バースデーパーティーでの目と目のやりとりにニヤニヤしました。

アメリカが舞台だからでしょうか
それぞれのキャラの自己主張がハッキリしてますね。
キザっぽい台詞も、動作なども、違和感なく表現されていて、
英田さんの作家魂みたいな物を感じます。
設定とイメージをしっかり持って執筆されているのでしょうね。

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 英田サキ 2008年度 キャラ文庫 高階佑 シリーズ物

デコイ(囮鳥・迷鳥)/英田サキ

[Edit]

名作 エス・シリーズ のリンク作品。
『エス 残光』のラストシーンから、約一年半後の話です。
なので、まだエス体験してない方は、
エス(5冊)を読んだあと、デコイ(2冊)を纏めて読んでください。
2年前に完結したエスは、デコイ発売後も
増刷されている名作です。
そして、この作品を読んだ後に、是非とも
柴田よしき「聖なる黒夜」を読んでください。
エス・シリーズ→聖なる黒夜
沙粧がお薦めする、読む順番です。
この順番が、両作品を一番楽しめると思いますので…

デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
 
 
 
 
 
 
 
 

デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
デコイ 囮鳥 (SHYノベルズ)
(2008/08/28)
英田サキ/著
奈良千春/イラスト

商品詳細を見る
 
 
 
 
 
 
デコイ 迷鳥 (SHYノベルス)
(2008/09/05)
英田サキ/著
奈良千春/イラスト

商品詳細を見る
二組のカップル
殺し屋×記憶喪失男
893×893
ある事件が過去の事件に繋がり…
あまり書くとネタばれになりそうなので書きませんが
面白かったです。
ただ、エスと比べると…ちょっと…ね。
もしかしたら「黒夜」の余韻がまだ残ってるからかもしれません。

沙粧としては、殺し屋×記憶喪失男のカップルが好きです。
ってか、殺し屋がイイです。
やっぱり、ドロドロとして歪んでるのが好きみたいです。www

ファンに朗報!!!
なんと、「デコイ 囮鳥」がドラマCDになるそうですよっ!!!
二枚組で2009年、サイバーフェイズより発売予定。
キャストは未定だそうです。ううう、楽しみだっ!!!

以下、あらすじ…

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 英田サキ SHYノベルス 奈良千春 2008年度 シリーズ物

いつわりの薔薇に抱かれ/英田サキ

[Edit]

いつわりの薔薇に抱かれ (B-BOY NOVELS)いつわりの薔薇に抱かれ
(B-BOY NOVELS)

(2007/06)
英田 サキ/著
石原 理/イラスト
商品詳細を見る
香港マフィア×刑事
公安外事二課の刑事が、ホテルの部屋付きのバトラーと偽り、
訪日中のマフィアのトップに仕えながら、監視+情報収集を得る中で、
色々あるとという設定。

マフィア物主従物
1冊で2冊分の楽しさが詰まってました。
「エス・シリーズ」のような重厚さはないですので
ソレを求めて読むと「あれれ?」となるかな?
事件が絡まないので、恋愛メインだと思います。

最後は、ちょっとセツナイけれど、
私はこういう終り方が好きなので
余韻に浸れた作品でした。

では、あらすじを・・・・

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 英田サキ B-BOYノベルズ 2007年度 石原理

エス・シリーズ/英田サキ

[Edit]

ともかく、読め…としか言えません。
できるなら、イッキに読むのをお薦めします。
英田さんは、心の暗部を上手く取り入れながら
作品を作り上げていくから、
物語に深みが生まれてるように感じられました。

読んだ後は、燃え尽きますので、覚悟してくださいね。
エス (SHYノベルス)エス
(SHYノベルス)
(2005/02/10)
英田 サキ/著
奈良千春/画

商品詳細を見る
エス 咬痕 (SHYノベルス 133)エス 咬痕
(SHYノベルス)
(2005/05/28)
英田 サキ/著
奈良千春/画

商品詳細を見る
エス 裂罅(れっか) (SHYノベルス)エス 裂罅(れっか)
(SHYノベルス)
(2006/02/25)
英田 サキ/著
奈良千春/画

商品詳細を見る
エス 残光 (SHYノベルス170)エス 残光
(SHYノベルス)
(2006/10/27)
英田 サキ/著
奈良千春/画

商品詳細を見る
で、これを読んだあとに、オススメなのは…

続きを読む

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : 本・雑誌

tag : BL小説 2006年 大洋図書 SHYノベルス 英田サキ 奈良千春 シリーズ物 エス

DEADLOCKシリーズ / 英田サキ

[Edit]

DEADLOCKDEADLOCK
(
キャラ文庫)
(2006/09/27)
英田 サキ/著
高階 佑/イラスト

商品詳細を見る

舞台はアメリカ…刑務所内。
イメージは、プリズンブレイク?
海外ドラマを見てるような感じでしょうか?
(シーズン最終回に次回シーズンに続くようなニオイを残す)
主役の二人が今後どうなるのか?
はたまた、周りにいた個性的な人達は?
本編以外にスピンオフにも対応できそうな作品でした。

…で、これが続編
DEADHEAT-DEADLOCK2DEADHEAT-DEADLOCK2
(
キャラ文庫)
(2007/02/23)
英田 サキ/著
高階 佑/イラスト

商品詳細を見る

…そして、これが続々編
DEADSHOT―DEADLOCK3DEADSHOT―DEADLOCK3
(
キャラ文庫)
(2007/06/23)
高階 佑/イラスト

商品詳細を見る

読み終えました。
沙粧は「一気読み」を推奨します。
全編を通して「アメリカ映画(ドラマ)」ようでした。
毎巻、最後の方に
「今だけは…」と感情を抑えきれずに求め合う二人。
読んでるだけなのに、衣擦れや息遣いが
聞こえてきそうなほどでした。
なのに、濃厚でない。
ホントに素敵な作品でした。

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 英田サキ キャラ文庫 高階佑 2007年度 シリーズ物

夜に赦される/英田サキ

[Edit]

夜に赦される (プラチナ文庫)夜に赦される
(
プラチナ文庫)
(2006/09)
英田 サキ/著
山田 ユギ/イラスト

商品詳細を見る


シリーズ第二段
893物ってどうして、関西が舞台で
ミナミが中心になるんでしょう?www
イメージ的にそうなるんでしょうか?
読み手としては、脳内映像化はスムーズになるので
とてもありがたいです。

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 英田サキ プラチナ文庫 山田ユギ 2006年度 シリーズ物

君のために泣こう/英田サキ

[Edit]

英田サキ作品、初体験・・・だったと思う。
君のために泣こう (SHYノベルス)君のために泣こう
(
SHYノベルス)
(2004/07/26)
英田 サキ/著
北畠 あけ乃/イラスト

商品詳細を見る

すっかり、内容が…記憶のかなたへ…www
禁忌モノで、ちょっとゴーカーン的な事があったような
…なかったような(え?どっち?)
野生的な弟×物静かな兄
禁忌モノといっても、血縁ではなかったと思う。

【あらすじ】------------------------------------
(「BOOK」データベースより)
「本気で嫌なら抵抗してみろよ」父親がなくなり、
ひとりぼっちになってしまった静一の元に、
ずっと離れて暮らしていた弟の亮介が帰ってきた。
すっかり大人の男に成長している亮介は
まるで知らない人間のようで、静一は落ち着かない。
そんなある日、酔った静一は
男とホテルに入るところを亮介に見咎められ、
越えてはいけない一線を越えてしまう。
こんなの許されない、例え血が繋がっていなくても…
煩悶する静一に情熱を隠さない亮介だったのだが…。
--------------------------------------------

う~ん、何となくしか思い出せない。
静一は男とホテルに入るところを亮介に見咎められ
コレが、原因でゴーカーンみたいになったのかな?
…やっぱり、細かい所が思い出せない。
印象に残ってない=まぁまぁ
と、いう事でしょう・・・たぶん

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 英田サキ SHYノベルス 北畠あけ乃

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
634位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
366位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)