FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

<<07  2019/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
表示中の記事
  • BL .小説 .[ら] 李丘那岐
2009年04月05日 (日) ----- この運命を笑え/李丘那岐
2009年04月01日 (水) ----- この愛を喰らえ/李丘那岐
2009年02月22日 (日) ----- その純情を暴け/李丘那岐
by AlphaWolfy
新作チェックリスト
この運命を笑え/李丘那岐

[Edit]

シリーズ第3弾。
893若頭×料理人の続編です。
前作(「この愛を喰らえ」)がよかったので、新たな展開に期待♪
この運命を笑え (幻冬舎ルチル文庫)この運命を笑え
(幻冬舎ルチル文庫)

(2008/06/16)
李丘那岐/著
九號/画

商品詳細を見る
クールな漢×熱い漢

前作より萌えました。
弟主役のスピンオフ作品の視点を変えた部分が出てくるので
シリーズを通して読むと更に楽しめます。
ただし、沙粧のように読む順番を間違わない事(←コレ重要)

この作品には、非常にオイシイ萌えツボが、二つありした。
本編の若い漢の話と
短編のアダルトな漢の話。
特に短編がたまらなくヨカッタです。
なぜなら、オヤジ受け!(30代なのでオヤジに分類するのは微妙?)
そこで、お勧めしたい読み方(オヤジ・スキー限定)があります。
短編を読んだ後に本編の「前章」と「一」を読み直す事
萌えます…世話焼き母さん役のオヤジにwww

以下、あらすじ…

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2008年 幻冬舎コミックス ルチル文庫 李丘那岐 九號 シリーズ物

この愛を喰らえ/李丘那岐

[Edit]

シリーズ第一弾。
第二弾を読んで、イマイチ萌えきれなかったので
ちょっと不安が残りつつ読んでみました。
この愛を喰らえ (幻冬舎ルチル文庫)この愛を喰らえ
(幻冬舎ルチル文庫)

(2007/05)
李丘那岐/著
九號/画

商品詳細を見る
893跡取り(若頭)×料理人(元893跡取り) 男前受け

硬派なイメージの着流しの短髪の黒髪が受けて
軟派なイメージのスーツの長髪の茶髪が攻めてました。
この意外な組み合わせ、なかなかイケました。

キャラ的には和服の漢の周りにいる男連中が
非常に気に入りました。
小料理屋の2階で若に見せようと持ってきた
AVを見て股間を膨らませてたり…
中学生レベルなところがツボでした。www
ソノ中でも「津田」がよかったですね。
手塩にかけた娘(若)を極道に喰われた父親って感じ?www
あと、弟が虎視眈々と兄貴を狙ってるアタリも面白かったです。

この作品が楽しめたということは、
順番を間違わずに読めば、二作目も楽しめたのかも?
やっぱり、ちゃんと順番で読まないといけないですね…
第三弾(この運命を笑え)はどうなるんでしょうねぇ。
ちょっと楽しみです。

では、あらすじを…

続きを読む

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : 本・雑誌

tag : 2007年 幻冬舎コミックス ルチル文庫 李丘那岐 九號 シリーズ物

その純情を暴け/李丘那岐

[Edit]

李丘那岐(りおかなぎ)、初読みだったりします。
が!!これってシリーズの二作目…(涙目)
その純情を暴け (幻冬舎ルチル文庫)その純情を暴け
(幻冬舎ルチル文庫)

(2007/11)
李丘那岐/著
九號/画

商品詳細を見る
心臓外科医×ホストあがりの893見習い
シリーズ一作目を読んでないので
テンションが下がったままなのがイケなかったのでしょうか?
なかなかストーリーに入っていけませんでした。
読みづらい…なんて事も感じました。

弟の異母兄弟への執着は子犬がジャレてる感じです。
(弟はほんとに真面目に愛してます)
で、漢な兄を押し倒す可愛い系の弟…。
萌え…そうなのに、萌えなかったです。ナゼ?

その可愛いヤンチャ系の弟に執着する外科医がツボでした。
さぁ、もっとイジめてくれっ!と思いましたよ。
(愛ある鬼畜は好物です・笑)

ただ、物語に入っていけるようになったのは、
中盤あたりからだったので、ちょっと不完全燃焼ですね。
コレの次の作品があるみたいなので
それに期待したいと思います。
で、全体の流れで沙粧的に萌えるかどうかを判断ですね。

以下、あらすじ&次の作品情報

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

tag : 2007年 幻冬舎コミックス ルチル文庫 李丘那岐 九號 シリーズ物

Twitter
こっそりと・・・
沙粧のツブやき
使い方がイマイチわからないんですけどね・・・(汗)
プロフィール

沙粧

Author:沙粧
煩悩と妄想の腐ログ(BLOG)
BL中心なはずが・・・カオス化進行中。

・BL本(小説中心)の感想
・腐的煩悩日記
・一般書籍の紹介
・その他

腐れ暦…無駄に長い。
10年くらいのブランクを経て舞い戻って来た出戻り系腐女子
(腐女子というより…腐人?)

脳ミソ・・・中性的男性脳
・男脳度数:60%
・女脳度数:40%

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
311位
アクセスランキングを見る>>
Comment
TrackBack
ブクログ
読み終わった本

聴き終わったCD
メールフォーム
沙粧にコソッと伝えたい方は
下のメールフォームから
メッセージを送信してください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログパーツ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

NewMark
カウンター
Arcive
カテゴリー
沙粧のオススメ度
レーベル(発売元)
発売年(2000年~)
好きな絵師
リンク(50音順)